家事の負担を削減するコツ

ハンガーに掛けたままでいい

洗濯物を取り込んでから、アイロン掛けをするのは負担が大きいです。
なるべくアイロン掛けをしなくても良いように工夫してください。
ワイシャツやブラウスは、ハンガーにかけたまま収納するのが良い方法です。
スカートやズボンも、そのまま収納してください。
それらは普通のハンガーでは滑り落ちてしまいますが、専用のものなら使いやすいです。
さらに、ボトムス専用のハンガーの中でも一つに複数かけられるものがあります。

干す時に、しっかりシワを伸ばしてください。
シワが付いているまま乾かすと、シワもくっきり残ってしまいます。
綺麗にシワを伸ばす作業を忘れないでください。
洗濯物を干すのを面倒に感じていると、適当に干してしまう人が多いです。
しかしそれが原因で、結果的に面倒な作業が増えます。
1枚1枚洗濯物を、丁寧に干してください。
特にハンカチや薄手の服は、シワが付きやすいので注意しましょう。

タンスに収納する時に、綺麗にたたむことを意識しましょう。
変にたたむとシワができるので、着る前にアイロン掛けをしなければいけません。
シワが付いている服を着ていると、だらしのない人間だと思われます。
自分の印象が悪くなるので、シワに気をつけてください、
服のたたみ方を、基本から勉強することをおすすめします。
これまでは自己流の方法で、たたんでいた人がいるでしょう。
しかしその方法は間違っているので、余計なシワが付くかもしれません。
綺麗にたたむ方法を理解しましょう。

面倒な作業を省けるように

シャツやブラウスは、ハンガーに掛けたまま閉まってください。 するとクローゼットの中でスッキリ収納できますし、アイロン掛けの手間も削減できます。 面倒な作業を削減することで、家事効率が良くなります。 これまでアイロン掛けに使っていた時間を別のことに使ってください。

干す際の注意点を知る

洗濯物を干す時に、しっかりシワを伸ばしてください。 すると乾いた時にシワが残ることがありません。 汚い状態で干すとシワが残って、アイロン掛けの負担が増えます。 後から楽をするために、綺麗に干すことを心がけてください。 薄手の服は、手で叩いてシワを伸ばしましょう。

シワができないようにたたむ

正しい服のたたみ方を、みなさんは知っていますか。 綺麗にたたむことでシワが付かないので、アイロンの手間を削減できます。 自己流のたたみ方は間違っているかもしれないので、正しい方法をよく調べてください。 たたむのが苦手な人は、専用のボードを使うなど工夫しましょう。