家事の負担を削減するコツ

干す際の注意点を知る

シワが付かないように干す

アイロン掛けの負担を減らしたいなら、しっかり干すことを意識してください。
最初から綺麗に干していれば、シワが付くことがありません。
ですからアイロン掛けをしないで、乾いたらすぐたたんで収納できます。
洗濯物を干すのが面倒に感じると、シワが残ったままでも気にしない人が見られます。
しかしそのまま乾いて、服にシワが残ってしまいます。

ハンカチや薄手の服は、手で叩いてシワを伸ばすと良いでしょう。
すると小さなシワも綺麗に伸ばせます。
一見シワがないように見えても、後ろなど目立たないところに残っているかもしれません。
洗濯物を干したら、再度確認すると良いですね。
シワが残っていた場合は急いで伸ばしましょう。
乾く前なら、まだ間に合います。

隣との間隔を開けよう

洗濯物を干す時に、隣同士の間隔を開けることもポイントです。
風が吹いて洗濯物が動いた時に、間隔が近いと隣の洗濯物とぶつかってシワが付いてしまう可能性があります、
また間隔が近いと、乾くまでに時間が掛かるデメリットもあります。
洗濯物が多い場合は、数回に分けると良いでしょう。
面倒に感じるかもしれませんが、それがシワも残さず早く乾かすための良い方法です。

時間がない場合は場所を分けると良いですね。
片方はベランダで乾かして、もう片方はリビングで室内干しをしても良いでしょう。
乾く時間を短縮したいなら、乾燥機などを使うのも良い方法です。
工夫して、1回に干す洗濯物の数を減らしてください。
間隔に余裕が出るように干しましょう。