家事の負担を削減するコツ

シワができないようにたたむ

たたみ方をマスターしよう

服をたたむ時に、丁寧にたたむとシワが残りません。
次回服を着る時も、すぐ着られるでしょう。
しかし汚くたたむと、シワが残ってしまいます。
そのままの服を着るわけにはいかないので、アイロンを掛けてから着てください。
忙しい朝だったら、そんな時間はないでしょう。
無駄な手間を発生させないよう、正しい服のたたみ方を理解してください。

きちんと勉強した方が良いです。
これまでは誰に教わったわけでもなく、自己流の方法でたたんでいた人が多いと思います。
ですが間違った方法ではシワが付くので、正しい方法を覚えてください。
1回覚えれば、これからずっと利用できます。
最初はうまくたためなくても、練習するとすばやくたためるようになります。

簡単にたためるボード

どうしてもうまくたためない人は、無理をしないで簡単に畳めるアイテムを使ってください。
洗濯物を乗せて、順番に折るだけで綺麗にたためるボードがあります。
それを利用すると、誰でも短時間でたためるので時間短縮にも繋がります。
ワイシャツやTシャツ、ズボンなど服の種類に合わせて、ボードを使い分けてください。

数百円でボードを購入できるので、大きな出費にはなりません。
それだけで家事効率がかなり良くなるので、持っていた方が良いです。
買って損はしないでしょう。
また、焦らないことが大事です。
焦ると微妙なシワを、見逃す恐れがあります。
ゆっくりたたんで、シワが付いていないかチェックしてください。
もし付いていた場合は、すぐやり直しましょう。